カードローンの与信審査とは

カードローンは近年、どんどん身近なものになっています。若い世代の利用者が多いといわれるカードローンですが、社会人はもちろん、学生の方にも利用者がいます。

若い世代の利用者が多いカードローンですが、クレジットカードも学生専用カードがあったり、多くの若い人が利用しています。

カードローンやクレジットカードを利用するときには、申し込みを行うと必ず審査があります。申し込めば必ず利用できるものではありません。カード発行や融資の前には、必ず審査が行われます。

この審査については、実際にカードローンやクレジットカードを利用している人でも、詳しいことはわからないという人がほとんどでしょう。金融機関が行う審査はどのようなものなのでしょうか?

カードローンやクレジットカードなどを申し込んで行われる審査を、「初期与信」といいます。

与信とは、信用を与えることです。ということは、どれくらいの額が利用できる顧客であるかという、信用度を諮るための審査です。

この与信は、カード発行時に行われ、発行した後も随時行われています。発行後には利用状況を確認して、そのまま与信を維持できるかを見られています。これを「途上与信」といいます。

途上与信によって、カードの利用限度額が引き上げられたり、引き下げられたりします。

審査で見られるのは、「個人信用情報」という信用情報です。個人信用情報は信用情報機関が持っているもので、各金融機関は審査の際に申込者の個人信用情報を信用情報機関から照会します。

個人信用情報とは、与信に必要な申込者の情報のことをいいます。氏名や住所から勤務先、ローンやキャッシングの契約状況、利用状況、申し込み履歴、返済履歴などが情報として記載されています。

個人信用情報を持っている信用情報機関とは、民間企業です。信用情報を専門に扱う民間企業が管理しています。信用情報機関は数社あり、金融機関は信用情報機関の会員となることで、個人信用情報の提供を受けられるようになっています。

カードローンの戦国時代とは?

最近では数多くの銀行が(以前の消費者金融)カードローン会社と提携して、便利なカードローン商品を数多く展開するようになりました。
その結果、以前は多くの会員に貸し付けを(積極的に)行っていた、消費者金融系の会社が、数多く淘汰されていったのです…。
近年実施された総量規制などの取り組みによって、大口の貸付や、それぞれの年収に見合わない融資が行われないようになりました。
このため多重債務に苦しむ顧客は減少傾向にあるものの、それでも、総量規制の関係で借り入れが出来なくなった顧客層が、数多くグレーゾーン金利の「ソフトヤミ金」などに流れるようになりました…。

このように、カードローンやキャッシングサービスの展開が難しい時代、今でも生き残っている金融会社は、顧客にとって有利なサービスを展開するように大きく変化し、生き残りを図っています。

ある大手銀行系カードローンの会社では、顧客に対する接客サービスを大きく向上させるという、これまでのカードローン会社に無い、新たな取り組みをスタートしています。
その上、多くのカードローン商品では、 30日間や最長半年の間金利0円でキャッシング出来る様に変化してきています。

このような「顧客優先」サービスの導入は、銀行側にとっては非常にリスクの大きな貸し付け方法といえます。
しかし、多くの顧客をサービス利用へと誘導する為、大きな魅力を持った取り組みだと言えるでしょう。

殆どのカードローン会社では、大銀行の豊富な資金をバックに新しいカードローン商品の展開するようになりました。
現在人気の高いカードローンとして、複数社からの借り入れを一本化する「おまとめローン」といった商品に、人気が集まっています。
おまとめローンの導入によって、毎月の返済負担や、返済の総額は大きくカットすることが出来るのです。
このような便利なカードローンサービスによって、消費者の負担も一気に軽減することが出来るでしょう。

おすすめは⇛人気の高い銀行カードローンならバンクイック